三味線にしろ、ギターにしろ、上手い人って、手元を見て弾いていませんよね。
視覚障がい者の方で、音楽をやる場合、確かに楽譜を見てはいません。

単純に音楽をやり続けると、音感というのが身に付きます。
どこがどの音かってのが、どのポジションならどうなのかというのが、耳で理解出来てくるのですね。
何でもやりまくっていれば、音感というものは身に付きます。

絶対音感という言葉が流行った時期がありましたが、なくても音感はしっかり分かります。目が見える人は、そこに理論が身につくと、どの音かと理解する事が可能です。
それにしても、小山貢さんの楽譜、あれの凄い所って、楽譜も乗っている所だと思います。
文化譜が分かりやすい所ではありますけど、特に理論を理解していて、楽譜が読める人なら、やはりそっちに行ってしまうのではないでしょうか。
とはいえ、理論を知らないギタリストというのは、沢山いて、そういう人は、大体耳に頼っています。プロは違うのでしょうけど。
文化譜ってタブ譜と変わりませんから、理論を知らないギタリストは、分かりやすいし、入りやすいのだろうなと思います。

お腹が空きました。昨日夜食食べたら、朝ごはんがまずかったので、食べません。

Categories: 未分類

No Comments yet, be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>